なぜ新型ウィルスは、生まれ、拡大しているのか?

現在世界に蔓延する新型ウィルスによるコ○ナパンデミ○クは、なぜ生まれ、なぜここまで拡大しているんだろう?

最近になって境各地で告訴が出始めている。その中でコ○ナパンデミ○クを起こしている犯人を告訴が行われ始めた。

新型ウィルス、コ○ナパンデミ○クの正体と背景をまとめておくことにしよう。

コ○ナパンデミ○クは存在せず

 ・世界の人々の間に絶え間ないパニック状態を作り出すために設計背れた心理戦。
 ・P○Rテストのプランでミックに過ぎない。
 ・12年前の豚イ○フルエ○ザでの失敗を受けて再構築した戦略。

コ○ナパンデミ○クは誰がやっているのか

 世界の超金持ち(ウォール街富裕層)、サイコパス、社会病室者グループ、金融マフィアグループ。
 
 

彼らの目的

 人を憎み、恐れ、共感することができない。
 世界の人を試合したい。

コ○ナパンデミ○クの拡大方法

 金やスキャンダルなど使って政府と主要メディアを利用したパニックプロパガンダ
 
 ウィルス自体は、ビタミンC、D、亜鉛 で安全かつ効果的に治療が可能
 また、イベルメワクチン、ヒドロキシクロロキンなどこれらの代替え治療方法だけではなく、
 本来の治療法は、このパンデミ○クを利用している人々によって禁止された。

 そのうえで危険な治療方法を消させるために致死性実験注射を使用させた

コ○ナパンデミ○クをおこしたきっかけ

 リーマンショックで愛らかになりつつあった金融マフィア(金融業界)の不正行為から目をそらすために行われた。

コ○ナパンデミ○ク進行状態

 ヤング・グローバル・リーダーズ・プログラムを通じてグローバルリーダーを作り始めている。
 最初の卒業生は、アンゲラ・メルケル、ビル・ゲイツ

 アマゾンが引き継げるように中小企業、小売業、ホテル、レストランの破壊が進んでいる。
 そのためアマゾンは、利益のほとんどを投資に使用している

 人口抑制
 人口の大幅な削減と実験的な mRNA 操作の助けを借りて、残りのDNAを操作することを進めている。
 それによって、民主主義の法の支配、憲法を破壊する。

 結果、国や文化のアイデンティティ失い、世界政府を受け入れざるを得なくなる。

 現在国連は彼らと世界経済フォーラムお支配下になりつつある。

 デジタルパスポートは、人々の監視・管理のために利用される。
 デジタル通過は、たった1か所の世界銀行からしか受け取れなくなる。

コ○ナパンデミ○ク発起人


 ドイツ クリスチャン・ドロステン博士
 アメリカ アンソニーファウチ
 WHO テドロス (C国の傀儡)
 ビル・ゲイツ
 ブラックロック
 ファイザー社

 他、年間売上50億ドル以上のグローバル企業1000社ほど、
 政治家、メディア代表、科学者等。

 ダボス会議の他、C国、セバスチャン・コート、オーストリア首相、カナダのジャスティン・トルドー首相、
 ニュージーランドのジャシンダ・アンダーン首相、フランスのマクロン大統領など。

コ○ナパンデミ○クによる世界政府はいつぐらいまでに実現させるつもりか

 20~30年後に世界の資産を前述のグループへ移すことを推進している。
 世界人口の大幅な削減と残った人々はDNA操作、トランスヒューマンにズムにいたり、
 唯一の世界銀行がデジタル通過を使った世界単一政府に支配されることになる。

コ○ナパンデミ○クの立役者P○R検査とは

 コ○ナ対策の唯一の根拠である。
 ワ○チンは効果がないだけではなく、極めて危険。

 人の免疫システムは、ウ○○スに対処する能力があり、感染致死率は、0.14~0.15%かそれ以下である。
 実験的な接種を始めるまでは、どこにも過剰な死亡率なく、2020年諸島には症例もなかった。
 症例を作り出すため、通常の治療法を根拠なく禁止した。
 
 ワ○○ンの接種によって、スパイクタンパク質の毒と免疫システムを停止させられ9月以降、
 最大40%の過剰脂肪を引き起こした。

 マ○クは、身体的にも無意味で危険、かつ、社会的距離を置き(情報の遮断)、最終的に歯効果のない危険なワ○○ン接種へ到達させた。

nicovideo.jp watch sm40019771

まとめ

コ○ナパンデミ○クは、ウォール街の超富裕層によって、リーマンショックでばれつつあった不正取引から世界の目おそらすために起こされた。

世界政府による共産主義≒グローバル主義をもくろむ、超富裕層、金融マフィアらは、コ○ナパンデミ○クの拡大と継続を図っている。

C国など共産圏は、方向性が同じこともあり同調している。世界政府ができたあかつきには、その権力をめぐりチミ殿を争いが起こることは必至。にもかかわらず、現段階では世界政府樹立の共通した目標に対し協力体制をとっている。

ワ○○ンは、世界人口を減らす目的、デジタルパスポート、デジタル通過などは、その目標にむかってのツールだったということだ。

しかしながら、それに気が付いた人々がいる。そして彼らは、世界の為に現在戦ってくれているのだ。